大人ニキビ・生理前ニキビが豆乳で改善するの?

大人ニキビ・生理前ニキビが豆乳で改善できるって本当?

生理前になると、特に顎(あご)にできるニキビ。

 

この生理前ニキビは、豆乳で改善できるのでしょうか?

 

ネットで調べると、「改善する」という意見と、「悪化する」という意見があります。

 

それぞれの理由をまとめてみました。

 

 

 

生理前ニキビが豆乳で改善する理由

生理前ニキビが豆乳によって改善する理由は、大豆に含まれる成分にあります。

 

<イソフラボン>
大豆には、女性ホルモンであるエストロゲンと似た働きをする「大豆イソフラボン」が含まれています。

 

生理前ニキビは、ホルモンバランスの乱れが、原因として第一にあげられます。

 

そして、皮脂の過剰分泌→毛穴がつまる→アクネ菌の増殖による炎症→ニキビ、という順をたどっていきます。

 

イソフラボンの働きにより、ホルモンバランスが整うと、皮脂の過剰分泌がおさえられますので、ニキビができないという結果に。

 

 

<ビタミンE>
ビタミンEは、女性ホルモンや男性ホルモンの分泌を促進する働きがあります。

 

性ホルモンのバランスを整えることで、月経前のイライラや生理痛、生理不順が改善されます。

 

イソフラボンと同じく、ホルモンバランスが整うことで、ニキビができない体質になります。

 

また、ビタミンEは、紫外線の害から守る働きがありますので、ニキビを悪化させない効果があります。

 

 

 

生理前ニキビが豆乳で悪化する理由

生理前ニキビが豆乳で悪化するのは、大豆イソフラボンの摂りすぎです。

 

ビタミンEの過剰摂取は、異常摂取でないかぎり、特に問題はありません。

 

 

大豆イソフラボンは、女性ホルモンであるエストロゲン(卵胞ホルモン)と似た働きをします。

 

そして、ホルモンバランスを整えてくれます。

 

このホルモンバランスとは、生理前に活発になるもう一方のプロゲステロン(黄体ホルモン)とのバランスです。

 

大豆イソフラボンを過剰摂取することで、生理前にエストロゲンの働きが活発になりすぎるのもよくありません。

 

IGF-1も悪化させる原因に

牛乳や豆乳には、IGF-1(インシュリン様成長因子-1)という物質が含まれています。

 

IGF-1は、成長ホルモンと関係し、細胞分裂や細胞の成長を促します。

 

しかし一方で、皮脂腺の活動を活発にしますので、皮脂の分泌量が増加します。

 

皮脂は、アクネ菌のかっこうのエサになりますので、毛穴がふさがっている状態のときにアクネ菌が活発になり炎症が起きるとニキビができてしまいます。

 

 

<まとめ>
その人の女性ホルモンの状態により、豆乳を飲むと生理前ニキビが改善することがあります。

 

しかし、元々女性ホルモンのバランス状態がよいのに、豆乳を飲むとバランスをくずしてしまい、生理前ニキビが悪化する場合があります。

 

また、豆乳を過剰摂取すると、悪化する場合があります。

 

 

page top